スチームクリーナーの選び方

スチームクリーナーの選び方記事一覧

スチームクリーナーは、清掃作業の際には威力を発揮します。通常は、汚れに応じて洗剤や薬剤が必要になりますので、清掃後にしっかり薬剤などが拭き取られていることが要求されるのですが、スチームクリーナーは、水だけを原料としていますので、残留物を気にする必要はありません。スチームがさまざまな部分にかかっても、安心なのです。そして、除菌効果もありますので、衛生に関しても全く問題がありません。しかし、安全性を意...

スチームクリーナーを利用しようと思っても、重量が重いような場合には、使い勝手が悪いです。女性の方でも簡単に利用できるような軽量化モデルを選択されるとよろしいと思います。後に説明しますが、スチームクリーナーにもさまざまな種類があります。タイプ別に重量の差があると思いますが、重量が重いようでは、利用するのも一苦労です。また、本体ごと移動をするような場合にも、持ち運びに労力を要することになります。スチー...

スチームクリーナーは、水を高温にしなければなりませんので、水を注水してから噴射ができるまで時間を要することになります。水を温める方法としては、ボイラー式とポンプ式があります。ボイラー式は、内部で水を沸騰させて気化させ、その際に水の体積が高まることによりスチームを噴射させる方法です。噴射の力がとても強いので、業務用でよく用いられるタイプです。ただし、本体の内部で水を沸騰させるために5分程度の時間が必...

スチームクリーナーの価格帯は広いです。数千円のものから2万円を超えるものまでさまざまです。最も人気のある価格帯でいいますと3千円〜5千円程度である場合が多く、ハンディタイプで軽量な商品の人気があるようです。スチームクリーナーは毎日使うものではなく、週に1度や月に1度利用するものなので、性能の良い商品を選ぶのもよろしいと思うのですが、私の勝手な認識ですが、価格にこだわって安い商品を購入するか、メーカ...

スチームクリーナーを利用しますと、あらゆる部分を清潔にすることもできますが、除菌効果もありますので、一石二鳥です。そもそもスチームクリーナーは、水をスチームにすることにより汚れを落としますので、洗剤を利用する必要もなく、エコな商品ということができますが、除菌効果もあるのですから、驚いてしまいます。高温のスチームでは、カビ菌を殺す役割も果たしてくれます。ケルヒャーの実験によりますと、サルモネラ菌や黄...

スチームクリーナーは、高圧でスチームを照射するものですので、いかに高圧のスチームを照射できるかが大きな性能の差になります。ボイラー方式やパネル方式、加圧噴射方式など原理はさまざまですが、ボイラー方式が最も噴射性能は高いです。ただし、本体に水を入れてから、利用できるまでに5分以上もの時間がかかりますし、水がなくなり、改めて給水をする場合には30分程度時間をおいてからでないと、やけどをする可能性もあり...

スチームクリーナーは、水を高温にしなければなりませんので、水を注水してから噴射ができるまで時間を要することになります。水を温める方法としては、ボイラー式とポンプ式があります。ボイラー式は、内部で水を沸騰させて気化させ、その際に水の体積が高まることによりスチームを噴射させる方法です。噴射の力がとても強いので、業務用でよく用いられるタイプです。ただし、本体の内部で水を沸騰させるために5分程度の時間が必...