スチームクリーナーの選び方

安全性

スチームクリーナーは、清掃作業の際には威力を発揮します。通常は、汚れに応じて洗剤や薬剤が必要になりますので、清掃後にしっかり薬剤などが拭き取られていることが要求されるのですが、スチームクリーナーは、水だけを原料としていますので、残留物を気にする必要はありません。

 

スチームがさまざまな部分にかかっても、安心なのです。そして、除菌効果もありますので、衛生に関しても全く問題がありません。しかし、安全性を意識した場合に、スチームクリーナーそのものの、取扱いに注意しなければなりません。

 

さまざまなメーカーがスチームクリーナーを販売していますが、各社、安全性には同様に配慮しています。最も配慮しなければならないことは、高温のスチームを利用しますので、スチームを照射する際には、近くに人がいないかということをご自身で確認することも必要です。

 

機器を操作する際にやけどにならないようにすることが大切です。安全性向上のために、例えばタンクの温度が低くなりませんと、本体の給水口が開かないようにする構造や、必要な時以外には、スチームが出ることのないロック機能、そして空焚きを防止するような機能が装備されており、安心して利用できるように配慮されています。

 

安全性の対策については、各社同様の対応をとっていると思うのですが、購入される際の商品比較をする場合には、どのような安全対策が施されているかをしっかり把握すると良いです。

安全性はスチームクリーナー選びのポイント関連ページ

安全性
スチームクリーナー選びのポイントのひとつに「本体の軽さ」があります。
噴射準備時間が短いこと
スチームクリーナー選びのポイントのひとつに「噴射準備時間が短いこと」があります。
価格
スチームクリーナー選びのポイントのひとつに「価格」があります。
除菌性能
スチームクリーナー選びのポイントのひとつに「除菌性能」があります。
スチーム性能
スチームクリーナー選びのポイントのひとつに「スチーム性能」があります。
収納やデザイン
スチームクリーナー選びのポイントのひとつに「収納やデザイン」があります。