スチームクリーナーと掃除機のタイプ

スチームクリーナーと掃除機のタイプ記事一覧

スチームクリーナーには、外観上でさまざまなタイプがありますが、掃除機のように床置きのタイプがあり、それをキャニスタータイプと呼んでいます。床などを掃除したいような場合には使い勝手の良さから、キャニスタータイプが選択されます。大きな商品になりますので、収納スペースなどをしっかり確保することが大切です。ボイラー方式を採用しているケースが多く、タンクの容量が大きいために、長時間利用することができます。本...

ハンディタイプとは、本体とノズルが一体となっており、比較的小型で、細かな部分の汚れをなくすために利用するためには、とても良い商品です。しかし、小型なゆえに、本体への水の給水量は少なく、長時間の利用をするには適していません。しかし、充電式のモノなどもあると思いますので、室内のみでなく、外での利用も簡単にできます。例えば、車の洗車やタイヤのアルミホールの洗浄などについては、持ち出すことが簡単にできます...

モップタイプのスチームクリーナーは、基本的には床面を掃除するときに利用するタイプです。モップの利用時には、手元のスイッチで最適なスチーム量を選択することが可能で、具体的には、フローリングや畳やカーペット、タイルなどで最適なスチーム量をコントロールできるというメリットがあり、除菌効果があることも確認されています。また頑固な汚れに対しては、ターボ機能も付与されており、スチーム量を一時的に1.5倍程度に...

スチームクリーナーも掃除に役立ちますが、掃除の王道は掃除機だと思います。掃除機のタイプは2種類あり、サイクロン方式と紙パック方式に分かれます。サイクロン方式では、ゴミと空気を同時に掃除機本体に取り込んで、サイクロン機能と呼ばれる超高速の気流にして回転させることにより、キレイな空気だけを廃棄するものです。ゴミを蓄えるパックが必要ではなく、透明のガラス瓶などにゴミが溜まりますので、溜まったゴミを確認す...

掃除機としては、紙パック方式というタイプもあります。紙パックでゴミをとらえて、キレイな空気を排気するタイプです。紙パックは、大きなゴミをためると同時に微細な埃をろ過するフィルターの役割も持っています。紙パック自体は、本体の中に格納されており、ゴミがどの程度溜まっているかがわからないので、紙パックの通期抵抗を測るセンサーにより、通気抵抗が一定以上になりましたら、交換サインが点灯するような仕組みになっ...

ハイブリッドスチームクリーナーといい、これまでのタイプとは異なった商品も発売されています。人気のあるタイプはスチームモップタイプですが、安心安全設計を追及して、液晶ボタンを見ることにより、水量の調整が可能です。また、水のタンク容量も1.5倍に増量されており、簡単にタンクの着脱ができるようになりました。そして、軽量化を追求し、女性でも片手で使える重量(2kg)とし、掃除の苦労を低減しました。またモッ...