キャニスタータイプ

キャニスタータイプ

スチームクリーナーには、外観上でさまざまなタイプがありますが、掃除機のように床置きのタイプがあり、それをキャニスタータイプと呼んでいます。

 

床などを掃除したいような場合には使い勝手の良さから、キャニスタータイプが選択されます。大きな商品になりますので、収納スペースなどをしっかり確保することが大切です。

 

ボイラー方式を採用しているケースが多く、タンクの容量が大きいために、長時間利用することができます。本体は重くなってしまいますが、ホースとノズルを利用して洗浄しますので、使用中の重さは気になりません。

 

ただ、本体と離れているために、ノズル部分などに、オンオフのスイッチや噴射量を調整できるボタンなどが必要です。アタッチメントなども豊富に用意されていますので、用途に応じて利用することができます。

 

今では、かなりコンパクトになっていますが、強力なスチーム洗浄をすることが可能です。性能が高い分、料金は高めですが、せっかくスチームクリーナーを利用するのであれば、高性能のキャニスタータイプを選択するのもよいと思います。

 

利用のイメージは掃除機を使うことと同様です。ただ、床面をキレイにするのみでなく、レンジ周りや換気扇などの洗浄に利用することが他との違いです。もちろん、ごみを取り除くのではなく、ゴミを浮き出させて、ふき取るという作業が必要になります。

キャニスタータイプ関連ページ

ハンディタイプ
スチームクリーナーのハンディタイプについて説明します。
モップタイプ
スチームクリーナーのモップタイプについて説明します。
サイクロン式
掃除機のサイクロン式について説明します。
紙パック式
掃除機の紙パック式について説明します。
ハイブリッドスチームクリーナー
スチームクリーナーのハイブリッド式について説明します。