使い方のシミュレーション

使い方のシミュレーション

各社さまざまなスチームクリーナーを販売していますが、実際に使い方をシミュレーションしますと、まず、ハンディタイプはコンパクトで軽量そうに思うのですが、作業中にずっと水やヒーターを持って洗浄作業をすることになります。

 

重量は1〜2kgはありますので、疲れる場合もあります。キャニスタータイプでは、本体は床に置いてある状態で、かかる力はホースとノズルだけですので、高いところを掃除するような場合には、楽な場合も多いです。

 

そしてスチームのコントロール機能です。ハンディタイプの場合には、本体ごと持ち上げることになりますので、常に手元でオンオフの操作ができますが、キャニスタータイプの場合には、ホースにオンオフのスイッチがあるか否かで使い勝手が大きく変わります。

 

またスチーム量を調整できる機能をもったスチームクリーナーもありますので、操作性を重視して操作スイッチや位置、機能などをしっかり見極めましょう。そして、アタッチメントも重要です。

 

床用や窓用などホースの先端につけるアタッチメントはさまざまですが、小さいブラシを使う頻度が最も多いので、色違いのアタッチメントを揃えるなどしましょう。

 

トイレとキッチンで利用するアタッチメントが同じでは衛生的でなくなってしまいます。使い勝手から見た、スチームクリーナーを選ぶポイントは以上です。あらゆる部分で利用したいのか、特定の箇所で利用するのかにより商品のタイプは異なり、数千円〜2万円程度の差がありますので、利用使途に応じた商品を選ぶようにしましょう。

スチームクリーナーの使い方のシミュレーション関連ページ

利用できる場所
スチームクリーナーを利用できる場所について説明します。
スチームクリーナーの評判
スチームクリーナーの評判について説明します。
スチームクリーナーの活用
スチームクリーナーの活用について説明します。
スチームクリーナーレンタル
スチームクリーナーレンタルについて説明します。
掃除機との違い
スチームクリーナーと掃除機との違いについて説明します。